貸金法

貸金業法が改正

 

貸金業法が改正され、年収の3分の1を超えて貸付することが基本的には禁止となりました。
「総量規制」といわれるもので、法人ではなく個人が貸金業者から借入をする場合が対象となっています。
100万円を借りるためには、少なくとも年収が300万円以上です。

 

クレジットカードの限度額や消費者金融での限度額、銀行での限度額と業者ごとに法律の範囲内で利用できる限度額に特色があります。
契約した時とくらべて、支払いに不備がなければ決められた範囲の中で限度額は徐々に高くなります。
貸金業者としても、実績もない人に対し限度額一杯の設定にするにはリスクが高いため段階を踏む事になります。

 

信用情報機関に登録されている信用度によっても、同じ年収の人が同じ貸金業者で借入を検討しても限度額は変わります。
利用経験があり、返済もしっかりしている人と、全く返済というものを経験のしたことのない人、返済を滞らせてしまった人ではきちんと返した実績のある人が最も信用できると判断されるのです。

 

不用意に限度額一杯まで借り入れたことで、それ以上の借入ができなくなったり、信用情報を悪くして結果的にどこからも借入ができなくなってしまうような事態にならないように気をつけましょう。


早めの返済を

借入金の返済にはどのくらいの時間がかかるか理解していますか?
意外に自分がどのくらいの期間払っているのかだんだん分からなくなっていってしまうものです。
収入が増えたり、支払いに充てられる金額が少し増えそうなとき、10回で払い終えるにはいくら払えばいいかというのを簡単に計算する方法があります。

借金返済シュミレーションを利用します。
借金の金額と言うものは金利などの計算が複雑で、単純に割り出せるものではありません。
シュミレーターを使う事で、毎月の返済額や期間などを簡単に知ることができるのです。

 

事前に立てる返済計画に利用するのもいいですし、現状を見直すためにも大変有効な手段です。
ボーナス払いを利用するような場合でも、金額を入れるだけですぐにシュミレーションが確認できます。
毎月の返済があまり高額になっては困るから期間を長めに設定してみたり、反対に短くするにはなど様々なパターンを試せるのも魅力的です。

 

返済計画を立てる上で、早めに返済するためにとあまりにも毎回の返済額が大きすぎても生活が困難になるので注意が必要です。
かといって、あまり低い金額設定で期間が長いとかえって利息分で高額な支払いになってしまうこともあるので、自分の収支に合わせた計画を立てることが重要です。

 

借金問題にお困りでしたら下記のサイトが解決に非常に役に立つと思いますので、参考にして下さい。
カードローン借金公式サイト
ローン地獄公式サイト
ギャンブル借金公式サイト
賢い借金返済方法公式サイト
パチンコ借金公式サイト